進入口壊れた壁

    特徴

    コウモリは哺乳類として一般的には洞窟のような人気のないところにいるイメージがありますが、近年では住宅街の中に生...

    Readmore
    小さなコウモリ

    コウモリの紹介

    日本国内においてコウモリは全国で幅広く分布する生物であり、その多くはアブラコウモリと呼ばれる種で、住宅やオフィ...

    Readmore
    侵入防止工事

    退治・駆除について

    コウモリと言えば、田舎のエリアでは夏の夜に夜空を飛び回ったり、山の中の薄暗い洞窟にたくさんいるイメージですが、...

    Readmore
進入口壊れた壁

コウモリは哺乳類として一般的には洞窟のような人気のないところにいるイメージがありますが、近年では住宅街の中に生息するようになってきており、屋根裏などに生息して糞尿による異臭問題や病原菌の運搬などの衛生・健康面の被害が問題化しています。
そのため、コウモリは害獣として認定されており、業者によって退治もしくは駆除されるようになっています。

また、コウモリは飛行するタイプの害獣となっているため、一部では害鳥として取り扱っている業者もあります。
害鳥として同じく退治・駆除の対象となっているものとしては烏やスズメ、鳩、ツバメや鷹、鷲などが挙げられています。
いずれも無許可で退治・駆除してしまうと鳥獣保護違反で何らかのペナル (さらに…)

侵入防止工事

コウモリと言えば、田舎のエリアでは夏の夜に夜空を飛び回ったり、山の中の薄暗い洞窟にたくさんいるイメージですが、実は意外に都心部にも生息しています。
通常、コウモリは夜間に飛び回るため普通の鳥と比べて直接目にする機会は少ないかもしれません。

しかし、日本にも意外にたくさん住んでおり、都心部にも複数種類のコウモリが住んでいます。
彼らがわれわれに与える害としては、家の外壁や屋根裏などに住み着いてしまい、糞などをすることで建物にシミを作ったり、臭いやカビ、ダニ等の虫の発生原因となることが挙げられます。
また、最も恐ろしいのはウイルスなどの病原菌を運んで来る可能性が高い点です。
このため、無理に捕まえて噛まれることは避けたほうが良いでしょう。
彼らは狭いところを好んで生息するため、小さな隙 (さらに…)

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031